猫が大好きな冬の暖かいホットスポットはどこ?

「猫はこたつの中で丸くなる」という歌詞にもあるように、猫は暖かい場所が大好きですよね。

先祖はリビア山猫なので、猫は一般的に暑さに弱く寒さに弱いと言われています。

では、冬に猫が好きな場所をいくつか見てみましょう。



床よりも天井に近いところ

猫は自分のコンフォートゾーンを知っているので、寒い時期には高いところや日当たりの良い窓の近くに登りやすくなります。

冷気が重くて床に集まってきますが、エアコンが吹いていたり、ストーブが暖かかったりする限り、床でくつろぐことを喜びます。

電化製品の上

ヒーターや電気ポット、炊飯器、冷蔵庫、パソコン、テレビ、電話などの家電製品の上も、冬になると定番の位置になります。

通電しているので、スイッチが入っていなくても暖かく過ごせるのは猫にとっては最高の場所のようですが、危険な場所でもあります。

飛び込んだらスイッチを押して空火を片付ける、炊飯器などは出てくる蒸気で火傷することがあります。

プラグを抜いて、スイッチが入らないようにしましょう。



飼い主の側、飼い猫や一緒に暮らす他の動物たちの側

猫が飼い主の膝の上に乗ったり、他の猫と同居しているお団子状態になるのは冬場に多いでしょう。

また、猫に寄ってきてほしいときには、わざと室温を下げるというテクニックもあります。

飼い主のベッド

冬場の布団素材の柔らかさや暖かさに飼い主の匂いとともに惹かれて、ベッドの上に乗ってしまう猫も多いのではないでしょうか。

寝ようとすると、ベッドの真ん中で寝ていたので、起こさないようにベッドの端からそっと入っていきました。

車の上や下

外で生活している猫は、車が暖かいことを理解しているため、ボンネットやタイヤの上や車の下にいることが多いです。

人の気配やドアの開閉に合わせて飛び上がってくれればいいのですが、エンジンに乗り込んでそれに巻き込まれてしまうという悲しい事故が何度か起きています。

車を大きく叩いて「猫バンバン」をして、車に乗ろうとしていることを猫に知らせましょう。

まとめ

猫が大好きな冬の暖かいホットスポットはどうでしたか?

猫の仕草やしぐさはいつ見ても可愛いですよね。

しかし、人間との暮らしには様々な危険が伴いますので、飼い主さんは猫に体験させないように事前に理解しておくことが大切です。

おすすめの記事